オステオパシー(osteopathy)についてはウィキペディアに詳しく解説されていますので、そちらを参照していただければよろしいかと思います。

ここでは、私の“オステオパシー感”について、お話しいたします。

 

オステオパシーから学んだ最も大切なこと

「オステオパシーは思想であると同時に、アートでもある」
(Besides a philosophy, osteopathy is also an art.)

これは、伝説のオステオパシードクター(D.O.:doctor of osteopathy)のロバート・フルフォード氏(Robert C.Fulford,D.0.)の著書、「いのちの輝き(Touch of Life)」の一行です。

オステオパシーを学び始めた当初、とても影響を受けた一冊です。
ただ、その頃は、この一行を読んでも、その意味がよくわかりませんでした。

しかし、今では、とても広く、そして、たいへん深い意味のある言葉と感じ、この一行がオステオパシーのすべてを表していると言っても過言ではないと考えるようになりました。

 

この伝説の名医であるロバート・フルフォード氏でさえ、問題にぶつかり、自分の手に負えないと思うことがあり、そんな時は、オステオパシーの創始者であるアンドリュー・テイラー・スティル博士(Andrew Taylor Still,M.D.)の『オステオパシーの理念と力学的原理』(The philosophy and mechanical principles of osteopathy.)を読み返し、ほとんど場合、そこに答えを見つけ出せたそうです。

 

このスティル博士ですが、自分の治療技術を弟子に教えることはほとんどなかったと言われています。
「解剖学を徹底的に学べば、治療法は自然に出来るようになるはずだ!」
という哲学が、その根底にあったからだとされています。

先ほどの『オステオパシーの理念と力学的原理』にも、その言葉は随処に見て取れ、そのいくつかをご紹介します。

「An up-to-date osteopath must have a masterful knowledge of anatomy and physiology.」
(洗礼されたオステオパスは、卓越した解剖学と生理学の知識を持っていなければならない。)

「The osteopath must remember that his first lesson is anatomy, his last lesson is anatomy, and all his lessons are anatomy. 」
(オステオパスは、解剖学に始まり、解剖学に終わる。すべての答えは、解剖学にあるということを忘れてはならない。)

このように、スティル博士は、解剖学をたいへん重視したと言われています。

しかし、彼が本当に伝えたかったことは「解剖学」というひとつの“くくり”ではなく、人間全体、つまり体の構造からその生理作用、そして、精神的なことまでを含むすべてを『anatomy(解剖学)』という一言で表現したのではないかと思います。

 

治療家の基礎は、“ヒトそのものを探求すること”だと理解した私は、解剖学や生理学、生化学、そして病理学等の『基礎医学』と呼ばれる分野と、精神医学や心理学をも徹底的に学びました。

解剖学や生理学を学ぶとこは、とても退屈でつまらないものと言われています。
しかし、私にとって、これら基礎医学を学ぶことはとても楽しく、自分でも不思議なほど、何時間でも勉強することができました。

学ぶといっとも、そのほとんどは専門書を読むことに費やされ、駆け出しの時は、専門用語がわからず、漢字の読み方さえ迷うことがあり、大変だと思うこともありました。
しかし、その大変な中にも、知識を得る楽しさを実感し、いつのまにか、どのような専門書も苦もなく読めるようになっていました。

そして、この基礎知識が、後の治療技術を習得する上で、とてもに役に立ったのだと思います。

世の中には、“治療法”と謳っているにもかかわらず、おかしなものがたくさんあります。
生理学や解剖学から考えると、理屈や理論が矛盾しているものが横行しています。

基礎医学の知識さえあれば、あるひとつの治療法を学ぶにあたって、それが本当に有効かどうか、明確に判断することができ、その積み重ねで、今の私があり、自信を持って患者さんと接することができるようになったのでしょう。

オステオパシーからは、たくさんの“技術”も学びました。

しかし、最も重要なことは、その哲学であり思想であると感じています。

ここで、フルフォード氏の言葉を、もう一度ご紹介いたします。

『オステオパシーは思想であると同時に、アートでもある。』
(Besides a philosophy, osteopathy is also an art.)

 

のむら整骨院 院長 野村晃生のサイン

 

ご予約・お問合せはこちらまでお電話ください06-7493-5992午前 9:00 ~ 午後 8:00
年中無休 (※臨時休診あり)
なんば、心斎橋から2駅、地下鉄『西長堀駅』徒歩5分

無料メール相談はこちらお気軽にどうぞ!!