もし、あなたが、私の身内の方なら、手術はゼッタイに反対します。

なぜ、腰痛=椎間板ヘルニア となったのか?

1911年、アメリカの医学博士が次のような論文を発表されました。
『下肢の痛み・痺れは、椎間板ヘルニアによる神経の圧迫が原因』

世界中の医師は、これが“腰痛の原因”と信じ、椎間板ヘルニアの摘出手術を行い続けます。
しかし、現実は…

『下肢の痛み・痺れは、椎間板ヘルニアによる神経の圧迫が原因』
この論文は、約90年間、世界中の医師達の間で信じられてきましたが、近年、この内容に信憑性がないことが判明します。

アメリカ・イギリス・ノルウェーの医学博士が、
『椎間板のヘルニア部分は、脊髄の神経根部より柔らかいので、神経を圧迫することは物理的にできない』という内容の論文を次々に発表されました。

 

レントゲン、MRI等の最新式の機器は素晴らしいのですが…

腰痛や下肢症状がある患者さんにレントゲンやMRI(磁気共鳴映像法)検査を行えば、ほとんどの場合、何かしらの「異常」が見つかります。

なぜなら、40歳以上の成人の8割には、腰の部分に椎間板ヘルニア等の変形が見られるからです。
これは、健常者、腰痛(下肢症状も含む)患者に関係なく見つかります。

つまり、これらは腰痛には無関係な「異常」と言わざるを得ません。

しかし、こうした「異常」が見つかると、医師は、これを痛みの原因と結び付け、手術したくなるようです。

なかには、
「これくらいのヘルニアなら、そこまで痛くはならないはずだ」とか、
「椎間板ヘルニアだけど、手術するほどでもない」
という医師もおられるようですが、おそらく、彼らは、椎間板ヘルニアで痛み等が出ないことを知っているのかもしれません。

また、たとえ手術をたとしても、その効果は、一般的な理学療法とほとんど変わることはなく、手術を行うだけ大きなリスクを伴います。

痛みの原因は「椎間板ヘルニアの原因」で「腰の筋肉が硬い」によるものとご説明しましたが、これを画像で原因を特定することは不可能です。

 

「神経の圧迫」という矛盾について

神経の構造と機能を真剣に学べば、「神経を圧迫して痛みが出る」ということの矛盾に気づくはずです。
神経を圧迫、絞扼(こうやく)しても痛みや痺れが出ることはありませんし、よほどのことがない限り、何も起こることはありません。

あなたのそのツライ痛みや痺れは、椎間板ヘルニアが原因ではありません。

ですから、当然、手術をする必要もありません。

ごく稀に、「神経障害がある椎間板ヘルニアを長く放置すると、症状が後遺症として残り、悩み続けることになる」という医師がいるようですが、そのようなこともありません。

確かに、手術をして改善する人がおられるのは事実です。

しかし、これは、椎間板ヘルニアを除去して症状が取れたのではなく、手術の際に使う麻酔や筋肉弛緩剤等により、たまたま原因部位の筋肉が軟らかくなり、改善したか、もしくは、「手術をした」ことによるプラセボ効果と考えられます。

また、手術をしたとしても、3週間から長くても3年もすれば、また痛みが再発するというケースが多いということもお伝えしておきます。

事実、当院にも手術を経験された患者さんがとても多く、再発されて「もう手術はしたくない!」という方や、手術をしたにも関わらず、悪化されて来院されるケースが後を絶ちません。

 

確かに、手術しか選択肢がない可能性もあります

手術が必要なのは、麻痺があるごく一部の患者さんに限られます。

誤解が多いようですので、麻痺について解説します。
麻痺とは、大きく分けると感覚麻痺と運動麻痺があります。
感覚麻痺とは、文字通り感覚がなくなることで、触れられているという感じや、もちろん痛みや痺れるという感覚もなくなります。
運動麻痺とは、下肢が動かない、肛門が動かない等などの状態をいいます。
つまり、歩くことも立つことも難しくなり、当然、痛みも感じません。

こうなると、私の治療範囲を超えますので、どうする事もできません。
一刻も早く(通常48時間以内と言われています)手術が必要です。

ただ、高度麻痺でも自然回復したという症例もありますが、一方で、高度麻痺の場合、可能な方法としては手術しかなく、どこまで回復するかはやってみなければ分からないのが現状のようです。

 

手術をしてしまうと…

後方から手術をする場合、どのような方法をとっても脊髄神経後枝の切断は避けることができません。
脊髄神経後枝とは、脊柱の後ろにある中心部分の筋肉(脊柱起立筋等)に関係している神経で、これが切断されることで、背筋の筋力は、約2年間は術前の状態まで戻らないと言われています。

さらに、この神経が切断された部分の筋肉は硬くなる可能性があり、新たな腰痛が発生する場合があります。

また、手術をしてしまうと、どのようなアプローチ方法であれ、必ず、腰の筋肉に損傷を与えてしまいますので、術後に症状が残っている場合や再発した時などで、私の治療を受けても時間がかかる事もあります。

 

まとめ

手術を宣告されたからといって、不安になられることはありません。
痛みや痺れの症状で、手術をする必要もありません。
腰痛(下肢症状も含む)の原因は、「筋肉の緊張(硬くなっている状態)」です。
腰の筋肉を軟らかくすれば、痛みやシビレは必ず和らぎます。

 

本当に治っていただく為に

のむら整骨院では、私、野村晃生がすべての患者様を責任を持ってはじめから終わりまで診ています。
その為、一日に診れる患者様の数は10人ほどになり、すべての患者様には予約をしていただいております。

また、治療を行うのは、私、野村晃生ひとりで、一度に診ることのできる患者様は一人に限られ、そして、一日に診れる患者様の数も上記のように10名ほどになります。

このような理由から健康保険での治療では限界があるため、自費での治療をお願いしております。

当院で、椎間板ヘルニアの施術をご希望の方は、06-7493-5992(電話でご予約・お問合せをする際の手順はコチラ)までお電話ください。

また、「無料メール相談」でのご相談も受け付けております。
どうぞお気軽にご利用ください。

※「初めての方」は、1日2名様までとさせていただいています。
治療をご希望の方は、お早めにお電話ください。

 

のむら整骨院 院長 野村晃生のサイン

 

ご予約・お問合せはこちらまでお電話ください06-7493-5992午前 9:00 ~ 午後 8:00
年中無休 (※臨時休診あり)
なんば、心斎橋から2駅、地下鉄『西長堀駅』徒歩5分

無料メール相談はこちらお気軽にどうぞ!!