椎間板ヘルニアと診断されたあなたは、
「痛みシビレの原因は、ヘルニアが神経を圧迫しているから・・・」
と理解されているでしょう。

しかし、長く信じられてきましたが、この情報は正しくはありません。

ヘルニアと痛み、シビレとは関係ありません。
今では、腰痛の専門家の間では常識です。
ですから、MRIでヘルニアが見つかり、手術でそれを取り除いたとしても痛みが治まるとは限りません。

 

神経が本当に圧迫されると

医学的に考えると、神経を圧迫しても痛みやシビレが出ることはありません。

もし、本当に神経を圧迫すると、運動や感覚の「麻痺」がおこります。
運動麻痺とは、動きにくいというものではなく、「まったく動かない」状態です。
感覚麻痺とは、何も感じなくなる状態で、例えば、脚に針を突き刺しても痛みを感じることはありません。

つまり、痛いながらも動けるのでしたら、神経は圧迫されていない何よりの証拠となります。

では本当の原因とは?

ヘルニアが原因でないとすれば、なぜ痛みやシビレがおこるのでしょう。

それは「腰の筋肉が硬い」からです。
「腰の筋肉が硬いだけ?」と思われてことでしょう。

そうです。
実は、「腰の筋肉が硬くなっている」だけです。
これ以外に理由は考えられません。

少し優秀な治療家なら誰でも知っていることです。

ただ、腰の筋肉が硬いといいましても、この腰の筋肉の硬さは腕や足の筋肉のような硬さではなく、
「腰だけにおこる特別な状態」にあります。

硬ければストレッチやマッサージや指圧、鍼や電気治療をすればいいと思われるかもしれません。
しかし、「腰だけにおこる特別な状態」ではこのようなことをしても、一時的には良いのですが、また、すぐにもとに戻ってしまいます。

リハビリや一般の接骨院に通っても、なかなか良くならない理由はここにあります。

ですから、「腰だけにおこる特別な状態」を正常な状態にもどすには、特別な方法が必要です。

 

では、どのようような方法で?

当院では『緩消法(かんしょうほう)』という方法を使います。
これにより、今まで不可能とされてきた、『硬い筋肉(腰だけにおこる特別な状態)』を軟らかくすることが出来ます。

腰の筋肉さえ軟らかくなれば、たとえ、椎間板が飛び出てていても“痛み”、“シビレ”は必ず和らぎます。
どうぞ、ご安心ください。

 

本当に治っていただく為に

のむら整骨院では、私、野村晃生がすべての患者様を責任を持ってはじめから終わりまで診ています。
その為、一日に診れる患者様の数は10人ほどになり、すべての患者様には予約をしていただいております。

また、治療を行うのは、私、野村晃生ひとりで、一度に診ることのできる患者様は一人に限られ、そして、一日に診れる患者様の数も上記のように10名ほどになります。

このような理由から健康保険での治療では限界があるため、自費での治療をお願いしております。

当院で、椎間板ヘルニアの施術をご希望の方は、06-7493-5992(電話でご予約・お問合せをする際の手順はコチラ)までお電話ください。

また、「無料メール相談」でのご相談も受け付けております。
どうぞお気軽にご利用ください。

※「初めての方」は、1日2名様までとさせていただいています。
治療をご希望の方は、お早めにお電話ください。

 

のむら整骨院 院長 野村晃生のサイン

 

「椎間板ヘルニアと手術」につづく→

ご予約・お問合せはこちらまでお電話ください06-7493-5992午前 9:00 ~ 午後 8:00
年中無休 (※臨時休診あり)
なんば、心斎橋から2駅、地下鉄『西長堀駅』徒歩5分

無料メール相談はこちらお気軽にどうぞ!!