脊柱管狭窄症脊柱管狭窄症の原因脊柱管狭窄症の治療法脊柱管狭窄症と手術脊柱管狭窄症とブロック注射脊柱管狭窄症と筋力脊柱管狭窄症と体操脊柱管狭窄症とは

脊柱管狭窄症の方でも、鍛えなくても大丈夫です。

脊柱管狭窄症の患者さんに、「筋力が衰えているから痛みが出ている」と、説明する医師がいるそうですが、間違っても筋力が衰えて痛みが出るような事はありません。

普段あまり運動しない人が、急に、鍛える為に筋肉をいじめ抜いて、翌日、筋肉痛で痛みが出ると言う事はあります。
しかし、腹筋や背筋の筋力が衰えて痛くなることはありません。
どうぞ、ご安心ください。

確かに、年齢と共に筋力は衰えていきます。これは事実でしょう。
筋力も無いよりあったほうがいいのは当然です。
しかし、体鍛える必要はありません。

よく、「どれぐらい筋力があればいいですか?」と聞かれますが、私は、普通に立って歩ける位の筋力があればいいと考えています。

ですから、当院のアドバイスで、「鍛えてください!」と言うような事はありませんので、どうぞご安心ください。

そもそもヒトはとても力持ちです。
例えば、体重が約60キログラムの人の筋肉を1つに集めたとします。
その1つに集めた筋肉はどれぐらいの力が出せるとお思いでしょうか?

答えは、16トンです。
間違いではありません。
16トンです。
驚きですね。

つまり、筋力がないのではなく。
体の使い方をうまくコントロールできないだけです。
ですから、からだの使い方を少し工夫するだけで随分と変わってきます。
そして、体をラクに動かせるようになります。

当院では、少ない筋力でも効率的に動く方法も指導しておりますので、そのようなご要望がおありでしたら一度ご相談ください。

 

本当に治っていただく為に

のむら整骨院では、私、野村晃生がすべての患者様を責任を持ってはじめから終わりまで診ています。
その為、一日に診れる患者様の数は10人ほどになり、すべての患者様には予約をしていただいております。

また、治療を行うのは、私、野村晃生ひとりで、一度に診ることのできる患者様は一人に限られ、そして、一日に診れる患者様の数も上記のように10名ほどになります。

このような理由から健康保険での治療では限界があるため、自費での治療をお願いしております。

当院で、脊柱管狭窄症の施術をご希望の方は、06-7493-5992(電話でご予約・お問合せをする際の手順はコチラ)までお電話ください。

また、「無料メール相談」でのご相談も受け付けております。
どうぞお気軽にご利用ください。

※「初めての方」は、1日2名様までとさせていただいています。
治療をご希望の方は、お早めにお電話ください。

「脊柱管狭窄症と体操」につづく→

ご予約・お問合せはこちらまでお電話ください06-7493-5992午前 9:00 ~ 午後 8:00
年中無休 (※臨時休診あり)
なんば、心斎橋から2駅、地下鉄『西長堀駅』徒歩5分

無料メール相談はこちらお気軽にどうぞ!!