すべり症すべり症の原因すべり症の治療法すべり症と手術

私が最も反対する腰の手術は、すべり症の手術です!

理由は、明らかな理論的根拠がないことと、もし、この手術をして、痛みや痺れ等の症状が残ってしまうと、当院で治療を行ったとしても完治するまで、とても時間がかかってしまいまうからです。
そして、何より、手術をしても治る人がほとんどおられないのが実情です。

「手術に関する論文」を参照する

手術の方法としましては、すべってしまった椎骨を無理やり元の位置に戻して、ボルトとプレートで固定します。
見た目は、元に戻りますが、根本治療ができた訳ではありません。

そもそもなぜ、椎骨が滑ってしまったのか?
その原因を明らかにしなければ、また、どこかに不具合が生じます。
そうすると、また別のところで症状が出る可能性が残ります。

すべり症の根本原因については、「すべり症(変性すべり症・分離すべり症)の本当の原因」を、お読みいただくと、ご理解していただけることでしょう。

医師からは、
「すべり症は、腰椎がズレることにより、神経が圧迫されて痛みや痺れが出ます」
という説明をする事が一般的です。

インターネット上のほとんどのサイトでも、「すべり症」といえば、同じ内容が書かれていいます。

しかし、神経を圧迫しても痛み等の症状は出ることはありません。
これは、神経の形態や機能を勉強してる者からすれば、至極、当たり前の事です。

もし本当に神経が圧迫されていたなら、麻痺(運動麻痺、感覚麻痺、もしくは、両方)になります。

麻痺とは、皮膚表面を触っても何も感じなかったり(感覚麻痺)、歩くことや立つこと(運動麻痺)ができなくなったりすることです。(この様な状態になる事は、非常に稀です)
麻痺の状態になること、本当に手術が必要です。
しかし、痛みや痺れ、間欠跛行で手術をする必要はありません。

あなたが、今、「腰椎すべり症(変性すべり症・分離すべり症)」と診断され、一向に改善しないとお悩みでしたら、一度、当院にご相談下さい。
たとえ、すべり症の手術を宣告されていても、大丈夫です。
治る可能性は大いにございます。
どうぞ、ご安心ください。

「無料メール相談」でのご相談も受け付けております。
どうぞお気軽にご利用ください。

のむら整骨院では、私、野村晃生がすべての患者様を責任を持ってはじめから終わりまで診ています。
その為、一日に診れる患者様の数は10人ほどになり、すべての患者様には予約をしていただいております。

また、治療を行うのは、私、野村晃生ひとりで、一度に診ることのできる患者様は一人に限られ、そして、一日に診れる患者様の数も上記のように10名ほどになります。

このような理由から健康保険での治療では限界があるため、自費での治療をお願いしております。

当院で、「すべり症の施術」をご希望の方は、06-7493-5992(電話でご予約・お問合せをする際の手順はコチラ)までお電話ください。

※「初めての方」は、1日2名様までとさせていただいています。
治療をご希望の方は、お早めにお電話ください。

のむら整骨院 院長 野村晃生のサイン

ご予約・お問合せはこちらまでお電話ください06-7493-5992午前 9:00 ~ 午後 8:00
年中無休 (※臨時休診あり)
なんば、心斎橋から2駅、地下鉄『西長堀駅』徒歩5分

無料メール相談はこちらお気軽にどうぞ!!