坐骨神経痛坐骨神経痛の原因坐骨神経痛の治療法

坐骨神経痛の本当の原因とは!?

まず、はじめに最も重要なことをお伝えいたします。
あなたの脚の痛みや痺れ等の原因は、脊柱管狭窄症や椎間板ヘルニア、すべり症、分離症、変形性腰椎症等ではありません。
これらが、原因で痛みや痺れ等のツライ症状が出ることはありません。

そして、結論から申し上げます。
あなたの、そのツライ痛みや痺れ等の坐骨神経痛の原因は、「腰の筋肉」です!
「腰の筋肉が硬くなる」ことで、脚に痛みや痺れの症状があらわれます。

腰の筋肉が硬いと言いましても、体が固い柔らかいの柔軟性の問題ではありません。
筋肉を触った感じ、押してみた感じが、硬いか軟らかいかの問題です。

では、「腰の筋肉」が硬くなるとどうして、お尻や脚に痛みや痺れがあらわれるのでしょう?

詳しく説明いたします。

筋肉が、硬くなると「縮む力」が働きます。
腰の筋肉は肋骨と骨盤の間にあるため、この筋肉が縮むと骨盤を持ち上げます。
これが、世間一般に言われる「骨盤が歪む」という状態です。

こうなると、骨盤の仙腸関節(せんちょうかんせつ:おしりの中心に近い部分)に負担がかかります。
仙腸関節に負担がかかると、お尻の筋肉(臀筋:でんきん)が硬くなります。
さらに、太もも(前後の大腿筋)、ふくらはぎ(下腿の筋肉)、足の筋肉が硬くなります。

筋肉が硬くなり縮む力が働くと、脚全体の筋肉の間にある血管が圧縮され細くなります。
こうなると、通常10流れている「血液の量」が2もしくは3くらいになり、「血流の悪化(血行不良)」が起こります。

この「血流の悪化(血行不良)」により「酸素不足」の状態になった筋肉が、それを脳に知らせるために「痛み」「痺れ」という症状があらわれます。

これが、あなたのそのツライ症状のメカニズムです。

※病院で、「血流を良くする薬」を処方され、飲まれていても改善しない理由について、よくご質問があります。
血流が悪化しているのなら、この薬を飲めば改善しそうに思われるかもしれません。
しかし、いくら血流を良くしても、血管が細くなっていては、「流れる量」は増えることはありません。
ですから、根本的に血流を元の状態に戻すには、この細くなった血管を元の状態に戻すしか方法はございません。
これが、「血流を良くする薬」をいくら飲んでも改善しない理由です。

これまでに、どこに行っても治る兆しがないとお悩みの方は、一度、当院にご相談ください。

本当に治っていただく為に

のむら整骨院では、私、野村晃生がすべての患者様を責任を持ってはじめから終わりまで診ています。
その為、一日に診れる患者様の数は10人ほどになり、すべての患者様には予約をしていただいております。

また、治療を行うのは、私、野村晃生ひとりで、一度に診ることのできる患者様は一人に限られ、そして、一日に診れる患者様の数も上記のように10名ほどになります。

このような理由から健康保険での治療では限界があるため、自費での治療をお願いしております。

当院で、坐骨神経痛の治療をご希望の方は、06-7493-5992(電話でご予約・お問合せをする際の手順はコチラ)までお電話ください。

また、「無料メール相談」でのご相談も受け付けております。
どうぞお気軽にご利用ください。

※「初めての方」は、1日2名様までとさせていただいています。
治療をご希望の方は、お早めにお電話ください。

のむら整骨院 院長 野村晃生のサイン

「坐骨神経痛の治療法」につづく→

ご予約・お問合せはこちらまでお電話ください06-7493-5992午前 9:00 ~ 午後 8:00
年中無休 (※臨時休診あり)
なんば、心斎橋から2駅、地下鉄『西長堀駅』徒歩5分

無料メール相談はこちらお気軽にどうぞ!!