脊柱管狭窄症脊柱管狭窄症の原因脊柱管狭窄症の治療法脊柱管狭窄症と手術脊柱管狭窄症とブロック注射脊柱管狭窄症と筋力脊柱管狭窄症と体操脊柱管狭窄症とは

手術を宣告されたからといって、不安になることはありません。
また、痛みや痺れ、間歇跛行で、手術をする必要もありません。

手術をすすめる医師の決まり文句は、
「脊柱管が狭くなっており、そこを通る神経が圧迫されて痛みや痺れが出ている」
というのが一般的でしょう。

しかし、「脊柱管狭窄症の本当の原因」でもお話ししましたが、神経を圧迫しても、痛みや痺れ、間歇性跛行などが起こることもありません。
更に、脊柱管の狭さと症状の状態には相関性はないことが、近年の研究で明らかになりつつあります。

つまり、手術をすることで、あなたの痛みや痺れ、間歇性跛行などの症状が改善されることはありません。


ここで、私の友人の看護師さんから聞いたお話しをいたします。
少し、恐ろしい内容かもしれませんがお読み下さい。

その方は、看護師になり、はじめて就職したのが総合病院の整形外科で、腰部を専門に手術するところに配属になり、連日のように「脊柱管狭窄症」「椎間板ヘルニア」「腰椎変性すべり症」など腰の手術に携わっていたそうです。

毎日、手術のみを行う部門でしたので、その後の患者さんの様子を知ることはありませんでした。
しかし、ある時、たまたま外来で、少し前に手術された患者さんを見かけ、
「この前、手術したのにどうして、外来に来ているのかしら・・・」と不思議に思い、声をかけたところ、
「手術は無事に成功したけれども、まだ、痛みがあり、手術以前と変かわらないの」と聞かされました。
その時は、「たまたま、良くならなかったのかなぁ」と言うくらいにしか思ったなかったのですが、その後、そのような患者さんをよく見かけるようになり、
「うちの病院は、ヤブなんだぁ・・・」
と思うようになっていたそうです。

その看護師さんは、それまで、手術をすれば治るものと思っていましたので、驚いたのと残念な気持ちになったそうです。
話は、これで終わりではなく、後日談があります。
昔の看護師学校時代の友人数名と会うようなことがあり、自分ところの病院のことを話すと、違う病院でもどこも同じような状況のようで、腰の手術で治る患者さんはほとんどいないと言う現況を知ったそうです。

いかがでしたか?
暴露本的な内容になりましたが、手術の実情をご理解していただきたいと思い掲載いたしました。

「脊柱管狭窄症への減圧術と理学療法、2年後の身体機能に差なし」という論文も発表されていますので、合わせて参照してください。

 

「神経の圧迫」という矛盾

神経の生理学を真面目に勉強して理解しているなら、「神経を圧迫して痛みが出る」ことの矛盾にすぐに気づきます。

何度も申し上げますが、神経を圧迫、絞扼(こうやく)しても痛みや痺れが出ることはありません。
よしんば、神経を圧迫しても、よほどのことがない限り、何も起こることはありません。
もし、神経を圧迫して痛みが出るのなら、私たちは走ったり、ジャンプしたり等、運動することはできないでしょう。

あなたのそのツライ痛みや痺れは、脊柱管の狭窄が原因ではありません。

ですから、当然、手術をする必要もありません。

ごく稀に、「神経障害を長く放置すると、症状が後遺症として残り、悩み続けることになる」という医師がいるようですが、そのようなこともありません。

まれに、手術で改善することはありますが、それは、手術時に使う麻酔や筋肉弛緩剤により、一時的に改善しているだけか、「手術をした」ことによるプラセボ効果と考えられ、3週間から2年のうちに、再発しているケースが多々有ります。

しかし、これは、椎間板ヘルニアを除去して症状が取れたのではなく、手術の際に使う麻酔や筋肉弛緩剤等により、たまたま原因部位の筋肉が軟らかくなり、改善したか、もしくは、

また、手術をしたとしても、3週間から長くても3年もすれば、また痛みが再発するというケースが多いということもお伝えしておきます。

事実、当院にも手術をしたにも関わらず、手術以前のままか、再発して「手術はもうコリゴリ」という方、もしくは、悪化されて来院されるケースが後を絶ちません。

 

手術が必要な場合も、確かに有ります

手術が必要とされるのは、麻痺症状のあるごく一部の限られた方のみです。
麻痺症状について誤解が多々ありますので、少し解説します。

感覚麻痺と運動麻痺を一般的に総じて「麻痺」といいます。
感覚麻痺とは、触覚、圧覚、温覚、痛覚がなくなることを言いますので、触れられているという感覚や、痛みも感じません。

運動麻痺とは、脊柱管狭窄症の場合、下肢が動かない、肛門が動かない等など、動作等ができない状態をいいます。

つまり、立つことはおろか、歩くこともできなくなり、当然、痛みも感じませんから、「痛み」や「痺れ」があること自体、「麻痺」ではないということです。

麻痺の状態になりますと、私では、どうする事もできません。
一刻も早く(通常48時間以内と言われています)手術が必要です。

ただ、高度麻痺でも自然回復したという症例も少なからず有ります。
ですが、一方で、高度麻痺の場合、可能な方法としては手術しかなく、また、たとえ、手術したとしても、どこまで回復するかはやってみなければ分からないのが現状のようです。

 

手術をしてしまうと…

後方から手術をする場合、どのような方法をとっても脊髄神経後枝(背骨の両脇の筋肉に動作の命令をしている神経)の切断は避けることができません。
これが切断されてしまうと、背筋の筋力は、約2年間は術前の状態まで戻らないと言われています。

さらに、この神経が切断された部分の筋肉は硬くなる可能性があり、新たな腰痛が発生する場合があります。

また、手術をしてしまうと、どのようなアプローチ方法であれ、必ず、腰の筋肉に損傷を与えてしまいますので、術後に症状が残っている場合や再発した時などで、私の治療を受けても完治するまで時間がかかる事もあります。

 


 

脊柱管狭窄症で手術を宣告され、どうしたらいいかと、お悩みの方は、一度、当院にご相談ください。

「無料メール相談」でのご相談も受け付けております。
どうぞお気軽にご利用ください。

のむら整骨院では、私、野村晃生がすべての患者様を責任を持ってはじめから終わりまで診ています。
その為、一日に診れる患者様の数は10人ほどになり、すべての患者様には予約をしていただいております。

また、治療を行うのは、私、野村晃生ひとりで、一度に診ることのできる患者様は一人に限られ、そして、一日に診れる患者様の数も上記のように10名ほどになります。

このような理由から健康保険での治療では限界があるため、自費での治療をお願いしております。

当院で、脊柱管狭窄症の施術をご希望の方は、06-7493-5992(電話でご予約・お問合せをする際の手順はコチラ)までお電話ください。

※「初めての方」は、1日2名様までとさせていただいています。
治療をご希望の方は、お早めにお電話ください。

「脊柱管狭窄症とブロック注射」につづく→

ご予約・お問合せはこちらまでお電話ください06-7493-5992午前 9:00 ~ 午後 8:00
年中無休 (※臨時休診あり)
なんば、心斎橋から2駅、地下鉄『西長堀駅』徒歩5分

無料メール相談はこちらお気軽にどうぞ!!