真実のように語られている「痛み」について、根拠のない“あれこれ”について語ります。