脊柱管狭窄症脊柱管狭窄症の原因脊柱管狭窄症の治療法脊柱管狭窄症と手術脊柱管狭窄症とブロック注射脊柱管狭窄症と筋力脊柱管狭窄症と体操脊柱管狭窄症とは

痛みや痺れの原因は、神経の圧迫ではありません。

あなたは、これまでどのような治療を受けてこられましたか?

薬でしょうか?
けん引や電気を当てるような理学療法でしょうか?
神経ブロック注射でしょうか?

これを読まれているあなたは、改善の兆しもなく、
「私は本当に治るの?」
「一生このままかもしれない・・・」
「痛みや痺れの本当の原因は何なのか?」

そう思われているかもしれません。

あなたが感じている体の状態と、私がこれからお話しする内容とを照らし合わせてみてください。

きっと、納得していただけるに違いありません。

痛みや痺れの本当の原因とは?

病院では、
“脊柱管”というパイプ状のところが“狭くなり(狭窄)”“神経を圧迫して”痛みやシビレ、間欠性跛行などの症状がでる」
という説明を受けたことでしょう。

しかし、この説明には矛盾があります。

「体のしくみ(解剖学・生理学)」から考慮しますと、全く説明がつきません。

さらに、医師がよく使う言葉に
「脊柱管狭窄症なんだけど、手術するほどでもない・・・」
というものがあります。

これは、どう考えてもおかしな説明です。
もし、本当に、脊柱管が狭窄して症状が出ているのなら、手術して広げてしまう方が早く治るのではないでしょうか?

つまり、手術で治る確率が非常に低く、狭窄が原因でないことを医師も知っていると示唆されます。

それでは、あなたの痛みや痺れの原因は何なのでしょうか?

結論から申し上げます。

本当の原因は「腰の筋肉」にあります。
神経を圧迫しているからではありません。

重要なことなので、もう一度言います。

あなたの痛みや痺れの本当の原因は『腰の筋肉』です。

もし、本当に神経を圧迫しているなら麻痺が生じます。
触っても何も感じない“感覚麻痺”と、筋肉が全く動かない“運動麻痺”が生じるはずです。
感覚麻痺になると痛覚神経も麻痺します。
ですから、あなたが“痛い”と感じているならば、神経は正常に機能しています。

つまり、圧迫が起こっていないという何よりの証拠です。

では、『腰の筋肉』がどうなっているのか?

それは、『硬くなっている!』ただ、それだけです。

この“カタイ”は、体が固い柔らかいの柔軟性のことではありません。
触ってみて、硬いかどうかという意味です。

筋肉が硬くなると縮む力が働きます。

腰の筋肉の場合、骨盤を持ち上げ歪みが生じます。
いわゆる「骨盤が歪んでいる」という状態です。

骨盤が歪むと、お尻の筋肉や太もも、ふくらはぎにも影響しバランスを失い硬くなってしまいます。

そうなると、お尻や足の血管が圧迫され細くなり、下半身の血流が減少し、酸素や栄養が不足することになります。

酸素が不足すると“ブラジキニン”“ヒスタミン”という発痛物質が発生します。

この発痛物質に“痛覚神経”が反応し、痛みやシビレとして脳に情報を伝え、体が危険な状態であることを知らせます。

以上が、痛みやシビレの正体です。

いかがですか?あなたが感じていることと、体に起こっていることが、感覚的に繋がったのではないでしょうか?

これまでに、どこに行っても治る兆しがないとお悩みの方は、一度、当院にご相談ください。

本当に治っていただく為に

のむら整骨院では、私、野村晃生がすべての患者様を責任を持ってはじめから終わりまで診ています。
その為、一日に診れる患者様の数は10人ほどになり、すべての患者様には予約をしていただいております。

また、治療を行うのは、私、野村晃生ひとりで、一度に診ることのできる患者様は一人に限られ、そして、一日に診れる患者様の数も上記のように10名ほどになります。

このような理由から健康保険での治療では限界があるため、自費での治療をお願いしております。

当院で、脊柱管狭窄症の治療をご希望の方は、06-7493-5992(電話でご予約・お問合せをする際の手順はコチラ)までお電話ください。

また、「無料メール相談」でのご相談も受け付けております。
どうぞお気軽にご利用ください。

※「初めての方」は、1日2名様までとさせていただいています。
治療をご希望の方は、お早めにお電話ください。

「脊柱管狭窄症の治療法」につづく→

ご予約・お問合せはこちらまでお電話ください06-7493-5992午前 9:00 ~ 午後 8:00
年中無休 (※臨時休診あり)
なんば、心斎橋から2駅、地下鉄『西長堀駅』徒歩5分

無料メール相談はこちらお気軽にどうぞ!!