脊柱管狭窄症脊柱管狭窄症の原因脊柱管狭窄症の治療法脊柱管狭窄症と手術脊柱管狭窄症とブロック注射脊柱管狭窄症と筋力脊柱管狭窄症と体操脊柱管狭窄症とは

ここでは、一般的に脊柱管狭窄症について語られている内容を記しています。
脊柱管狭窄症とは、どのような病気なのかを大まかに捉えていただければいいと思います。

まずは「背骨(せぼね)の仕組み」から

背骨の中心からやや後ろ寄りのところに、頭からお尻までつながっているチューブ状の空間があります。
この空間のことを「脊柱管(せきちゅうかん)」といいます。

そして、この脊柱管に「脊髄神経(せきずいしんけい)」が通っています。
脊髄神経とは、脳から下に続いていいる太い神経の束で、脳の次に重要なはたらきをしています。

脊柱管狭窄症とは、この脊髄神経が通っている“チューブ状の空間”である「脊柱管」が狭窄(きょうさく)、つまり、この空間が狭くなることにより、脊髄神経やそこから枝分かれしている神経に圧力がかかり、神経が刺激され「痛み」や「しびれ」、「間欠性跛行(かんけつせいはこう)」などの症状が出る病気を『脊柱管狭窄症』といいます。

また、腰部脊柱管狭窄症 (ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)とは、腰の部分(腰椎:ようつい)の脊柱管が狭窄する病態を指します。

 

脊柱管狭窄症の症状

症状の種類

腰痛
腰の周りが重い
足、腰の違和感、はり感
お尻から足にかけてしびれや痛み
太ももやふくらはぎ、足先等が、異常に冷える
間欠跛行(かんけつはこう)・間欠性跛行(かんけつせいはこう)
足先が持ち上がらない
階段でつまずく
スリッパが脱げやす
剣山の上を歩いているような足裏の痛み
足に力が入りにくくなる

 

症状の範囲

お尻から太もも、ふくらはぎ、足の裏
両側に出る場合や片側だけに出る場合がある
足の症状だけで、腰は全く痛くない場合もある

 

症状が悪化すると

感覚鈍磨(かんかくどんま):感覚が鈍くなること
歩行時に尿意を催すなどの排尿障害
便秘や排便障害
会陰部(えいんぶ:お尻の穴の周り)に灼熱感(しゃくねつかん)

 

間欠跛行(かんけつはこう)・間欠性跛行(かんけつせいはこう)

歩行することにより、足腰に痛みやしびれを感じ歩行しづらくなったり、歩き続けることができなくなりますが、しゃがんだり椅子に座るなどして少し休むと、その症状が治まり、再び歩くことができるようになります。しかし、歩行を始めると、また、同じように痛みやしびれのような症状が繰り返される症状を指します。
ただ、そのような方でも、自転車に乗り続けても症状がでない場合も多く見受けられます。

 

一般的な治療法

病院で行われている一般的な治療方法について「薬物療法」「理学療法」「運動療法」「神経ブロック注射」「手術」の5つに分けてご説明します。

薬物療法

消炎鎮痛薬

いわゆる「痛み止め」です。
痛み止めには内服薬(飲み薬)、シップ薬(貼り薬)、外用薬(ぬり薬)等があります。

 

  • 貼付薬
    シップ薬、モーラステープ、ロキソニンテープ等
    かぶれる、湿疹や膿をふくんだ水疱などができる場合もあるので
    ぜんそく患者や妊婦さんは、原則的に使用できません。

 

  • 外用薬(塗り薬)
    バンテリン、フェイタスクリーム等の塗り薬も基本的に貼付薬と同じです。
    「貼る」か「塗る」かの違いです。

 

  • 内服薬
    一般的に、非ステロイド性消炎鎮痛剤(NSAIDs)が処方されます。
    足腰、お尻等の痛みやしびれを抑えるはたらきがあります。

 

その他、痛み止め以外で処方される薬は
  • プロスタグランジンE1製剤 
    リマプロスト(商品名:オパルモン、プロレナール)
    「血液の流れをよくする薬」と説明されるのがこれです。
    血管を広げ血流を改善し、血液を固まりにくくするはたらきあります。
    閉塞性動脈硬化症の治療薬としても使われています。
    間欠性跛行の改善を目的として処方されることが多いようです。
  •  

  • 筋弛緩薬
    筋肉を柔らかくする薬でが、処方される方は少ないようです。
  •  

  • ビタミンB12
    神経の修復を助けるはたらきのある薬です。

いずれも内服薬の長期間の使用は、胃腸をはじめとする内臓に重篤な障害を引き起こす可能性がありますので注意が必要です。

 

理学療法

ホットパック、マイクロ波などの温熱療法
超音波療法、
腰の牽引(けんいん)療法
超音波療法、いわゆる「デンキを当てる」がこれになります。
コルセットで腰回りを固定する装具療法
マッサージ(揉む、強く押す)

 

運動療法

腹筋、大殿筋(お尻の筋肉)、腸腰筋などの筋肉を中心に鍛える筋力を鍛えるものと、ストレッチや体操を行うものがあります。
いずれも専門家の指導の下で行うことをお勧めいたします。

「先生、テレビでやっていたやつしたら痛くなってしもた・・・」と言って来院される患者さんも少なくないので、安易に行わない方がいいでしょう。

 

神経ブロック注射

痛みのある場所に局所麻酔薬を注入し、神経を麻痺させて痛みをとる方法です。

脊柱管内の硬膜の外側に注入する硬膜外ブロックと神経根という神経に注入する神経根ブロックがあります。

薬物療法で効果が得られない場合、痛みが強い場合などに実施します。(神経ブロック注射を打っても痛みが消えない場合は、原因が神経にないということになります。)治療だけでなく、診断の役割も果たします。

神経根ブロックは、うつぶせになった状態でレントゲン透視を行い、部位と方向を確認しながら、腰椎から分岐する神経根に注射をします。

 

手術

手術は様々な方法があります。

狭窄症とは文字通り狭くなっている所があるので、そこを広げる手術が中心になります。

骨の形状や靭帯、椎間板の状態にもよりますが、基本的に神経を圧迫していると思われる箇所を削る「除圧術」、安定性が悪いと判断されれば、骨と骨をつなげる「固定術」が行われます。
歪みやバランスを整えるために「矯正」が加わることもあります。

狭窄が軽微の場合は、内視鏡だけで行うこともあります。

手術後は、当然、リハビリが必要になりますので、次の日から仕事に復帰する等は難しいと思います。

 


 

これまでに、どこに行っても治る兆しがないとお悩みの方は、一度、当院にご相談ください。

「無料メール相談」でのご相談も受け付けております。
どうぞお気軽にご利用ください。

のむら整骨院では、私、野村晃生がすべての患者様を責任を持ってはじめから終わりまで診ています。
その為、一日に診れる患者様の数は10人ほどになり、すべての患者様には予約をしていただいております。

また、治療を行うのは、私、野村晃生ひとりで、一度に診ることのできる患者様は一人に限られ、そして、一日に診れる患者様の数も上記のように10名ほどになります。

このような理由から健康保険での治療では限界があるため、自費での治療をお願いしております。

当院で、脊柱管狭窄症の施術をご希望の方は、06-7493-5992(電話でご予約・お問合せをする際の手順はコチラ)までお電話ください。

※「初めての方」は、1日2名様までとさせていただいています。
治療をご希望の方は、お早めにお電話ください。

ご予約・お問合せはこちらまでお電話ください06-7493-5992午前 9:00 ~ 午後 8:00
年中無休 (※臨時休診あり)
なんば、心斎橋から2駅、地下鉄『西長堀駅』徒歩5分

無料メール相談はこちらお気軽にどうぞ!!