よく考えれば“おかしい痛みの原因” その2 筋力がないから・・・

「腹筋、背筋をしてください。」
「フトモモの筋肉を鍛えてください。」

腰痛や膝痛で病院などの医療機関に行くと、このように指導される事がよくあります。
筋力がないから、身体を支える事が負担になって痛くなるというのが、その理由のようですが、筋肉を鍛えると、本当に痛くなくなるのでしょうか?

ここで、恥ずかしながら若かりし日の私の話しをご紹介します。
「鍛えているから大丈夫ッ!」
「痛くなる事なんてないっ!」
そう思っていました。

二十代前半のころ、某有名空手道場で修業をしていたときがあり、そのころ道場での稽古とは別に、ウエイトトレーニングのジムに通っていました。
今では考えられないほどの筋力トレーニングをしていたのです。

自慢話的になりますが、当時はベンチプレスで100kg、スクワットで140kgの重量でセットを組んでトレーニングをしていました。
もちろん、腹筋も鍛えており、腰痛とは無縁と思っていました。
「腰痛」ということばが、私のボキャブラリーにないくらいにです。

しかし、ある時、なりました。
ギックリ腰に、しかもそんなに重いものを持ち上げたわけではないのに・・・
突然・・・
まさに信じられないという感じです。
ですが、これも、よくよく考えてみると当り前のことで、鍛えているから大丈夫なわけはないのです。

それに、そもそも、腰が痛いヒトがどうやって腹筋や背筋をするのか?
膝もしかりです。
膝に痛みがあるのにフトモモの筋肉をどうやって鍛えるのか?
つらい・・・痛いのにできない・・・
当り前の事です。

もうひとつ、筋力についてお話しします。
実は、鍛えなくても、けっこう力持ちなのです。
「えっ?」と思われたかもしれませんが、事実です。

確かに、一般的に考えて二十代より三十代、三十代より四十代と年齢をかさねるとともに筋力は衰えていきます。
しかし、それが原因で痛くなるというのは、いささか無理があります。
といいますか強引な理屈です。
そんな訳はありません。

これを読まれている方の中にも、過去にこのように言われて、まじめに腹筋等をされた方もおられると思います。

しかし、あなたはその時こう思ったのではないでしょうか?
「これで、本当に治るのか?」
確かに、なかには少しは良くなる方もおられるかもしれません。
しかし、あなたが「これで、本当に治るのか?」と思った裏には「これでは、治らない」という思いがあったと思います。

そうです。
あなたは正しいのです。
そこに治る理由はないのです。

何度も申し上げますが、年齢をかさねても、腰痛等の痛みをお持ちの皆さんも、けっこう力持ちなのです。
年齢と共に筋力は衰えます。
これは、事実です。
しかし、それでも普通に痛みとは無縁の生活を続けていくだけの筋力はちゃんとあります。

ここに、ヒトがどのくらい力持ちかを研究した資料があります。
体重六十キログラムのヒトの筋肉をすべてひとつに集めたとします。
ひとつの大きな筋肉を想像してください。

この筋肉が、いったいどのくらいの力が出せるかご存知でしょうか?
実は、十六トンもの物を持ち上げることができるそうです。
これは、対重量で計算すると地球上にあるどのような機械よりも、力持ちということになります。

これは成人男性の筋力です。
一般的に八十歳で、成人時の1/3から1/4くらいの筋力になると言われています。
しかし、それでもかなりの筋力があることになります。
理論上の話ではありますが、ヒトは皆さんが思っているよりもはるかに力持ちなのです。

 

のむら整骨院 院長 野村晃生のサイン

 

ご予約・お問合せはこちらまでお電話ください06-7493-5992午前 9:00 ~ 午後 8:00
年中無休 (※臨時休診あり)
なんば、心斎橋から2駅、地下鉄『西長堀駅』徒歩5分

無料メール相談はこちらお気軽にどうぞ!!