本当の痛みの原因よくある診察風景 腰痛編よくある診察風景 椎間板ヘルニア編よくある診察風景 脊柱管狭窄症なぜ、痛みを感じるのか?①なぜ、痛みを感じるのか?②どのような仕組みで痛みを感じているのか?①どのような仕組みで痛みを感じているのか?②どのような仕組みで痛みを感じているのか?③どのような仕組みで痛みを感じているのか?④からだが痛くなる原因(結論)慢性痛は、どうすれば治るのか?

「とくに、異常はありません」
とお決まりの診断。
「今日は、デンキをあてますので、それで様子を見てください」
「シップは、一週間分だしておきますね」
デンキ・・・。 いつものあのピリピリするやつか・・・
シップかぁ・・・。少し冷たいが、張っていると痛みがやわらぐ感じがするし・・・
ないよりましか・・・

治療といえば、デンキをあてたり、温めたり、機械で引っぱったり。
しかし、ここ数年、腰がすっきり治ったという感じはしない。

こんな感じは、いつからだろう?
きっかけは思い出せない。
もう何年も、悩み続けているこの腰痛。
痛くなったら、とりあえず近くの整形外科に行くけれど・・・

過去に、「腰痛、肩こり」というカンバンをみて、接骨院に行ったりもした。
しかし、治療といえば、デンキをあて、マッサージをしてストレッチ・・・
気持ちはいいけれど、やっぱり治る気がしない。

そういえば、よく効くとうわさの整体に行ったこともあった。
腰の骨がズレて、骨盤がゆがんでいるといわれ、矯正してもらった。
確かに、そのときは少し治った感じはした。
しかし、三日もたつと、また、いつもの腰に逆戻り。

もしかしたら、もう一生このままなのか・・・
何とかだましだまし、この腰を使っていかなければならないのか?
もう若くはないし、そろそろ身体にガタが来るころなのかも・・・
色々なことが、頭をめぐる。

ところで、なぜ、腰が痛くなるのだろう?
医者は、異常がないというけれど、異常がないのに、なぜ私の腰はこんなにも痛いのか?

腰が痛いっていう人は多いけど、腰が痛くならない人はいるのだろうか?
そういえば、会社の事務の女の子も腰が痛いっていっていたように思う。
あんな、若い子でも腰が痛くなるのか?
私の腰痛と、あの子の腰痛は同じなのだろうか?

骨に異常はありません!
腰が痛いというと、お医者さんは、たいていレントゲンを撮って、そして、決まったように、
「骨には、異常なありません」
という。
確かに、骨に異常はないかもしれない。
それに、そんなことは、うすうすわかっている。
そもそも、腰が痛い人で、骨が折れている人はどのくらいいるのだろう?

近所のおばあちゃんが、尻餅をついて、腰の骨を圧迫骨折したというのは、聞いたことがあるけど、あのばあちゃんは、骨粗しょう症だっていっていたしなぁ・・・
骨に異常がないというこは、折れていないということで、別にどこも悪くないというように聞こえる。

事実、「とくに、異常はありません」がいつもの診断だ。
たしかに、痛いところは、骨とは少し違うように思える。
それに、骨だけが重要ではないようにも思う。
筋肉だって、血管だって、神経だって、あるじゃないか・・・
いつも、異常はありませんといわれるけれど、レントゲンでわからないものもあるんじゃないか?

本当に、この方の腰は一生このままなのでしょうか?
もう、治らないのでしょうか?
いったい何が原因で、腰が痛くなるのでしょうか?

 

ご予約・お問合せはこちらまでお電話ください06-7493-5992午前 9:00 ~ 午後 8:00
年中無休 (※臨時休診あり)
なんば、心斎橋から2駅、地下鉄『西長堀駅』徒歩5分

無料メール相談はこちらお気軽にどうぞ!!