MRIで健常者の腰椎の異常所見を確認!

腰痛、坐骨神経痛、間欠性跛行の経験がない67人(20~80歳)の被験者を対象にMRIで腰部椎間板の分析・調査が行われた。

MRI画像は、被験者の臨床症状の有無について知らされていない3名の神経放射線科医によって個別に分析された。

結果、
被験者の約3分の1に、かなりの異常所見が確認された。
60歳未満の人のうち、20%に髄核ヘルニアがあり、1人に脊柱管狭窄を確認。
60歳以上のグループでは、約57%に異常所見(髄核ヘルニア36%、脊柱管狭窄症21%)を確認。
20〜39歳の被験者の35%に、60〜80歳の被験者のうち1名を除いて、少なくとも1つの腰椎レベルで椎間板変性・椎間板膨隆を確認。

無症候性の被験者におけるこれらの知見を考慮すれば、手術が実施される前に、MRIの画像所見の異常が厳密に年齢や臨床徴候や症状と相関しなければならないと結論付けられた。

「Abnormal magnetic-resonance scans of the lumbar spine in asymptomatic subjects. A prospective investigation.」

 

椎間板変性・椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症のような構造上の変化は、一般的な画像所見であり、症状(痛み・シビレ・間欠性跛行等)との相関は疑わしいということになります。
つまり、痛みやシビレの本当の原因は、画像では判断できないところにあると言えるでしょう。

 

のむら整骨院 院長 野村晃生のサイン